松本竜也(智弁学園)の実力や高校時代の成績を調査!球種や球速も

どうも管理人のたいがだ。

かなり久しぶりの更新になってしまった・・・

また今日から記事を更新していこうと思っている。

 

今回の記事は松本竜也投手(智弁学園)について記事を書いていこうと思う。

 

智弁学園と聞くだけで、甲子園常連校の一校となりとても野球が強い高校として知られている。

 

今年はまだ予選が終わっていないので、甲子園出場はまだ決まっていないがどの高校が出場してくるのか今からとても楽しみではあるな。

 

では、初めに松本竜也投手についてプロフィールを紹介していこうと思う。

スポンサードリンク

松本竜也のプロフィールは?

名前    松本 竜也(まつもと りゅうや)

生年月日  1999年

出身地   奈良県桜井市出身

体重    85kg

身長    180cm

血液型   不明

ポジション 投手

投打      右投げ右打ち

 

野球を始めたのは小学校1年生の時になる。

元々投手をやっていたのかは不明だが、そのまま地元の中学校に進学して奈良葛城ボーイズに所属。

恐らく智弁学園のスカウトで入学したと思うが、智弁学園1年の秋からベンチ入りを果たす程の実力を持っている。

 

先ほども書いたが、智弁学園は甲子園常連校全国の猛者が集まって来て数少ないレギュラーを争って毎日練習に励んでいるが、1年の秋時点でベンチ入りを果たしていると言うことは相当実力が認められていることが分かる。

 

強豪校ともなると3年間一度もベンチ入りすら出来ない選手何て山ほどいる中で、この抜擢は他の選手を凌駕する実力を持っているに違いない。

 

では、次に高校時代の成績を紹介していこうと思う。

 

スポンサードリンク
 




 

実力や高校時代の成績は?

2年生の時には春・夏と連続で甲子園に出場するも登板機会がなかった。

しかし、2年生の秋から他の投手にエースの座を譲らずずっと登板をしてきた。

6試合30回35安打17失点の投球で奈良県大会を優勝

しかも、近畿大会もベスト8と頭角を現す様になって来た。

 

昨年の夏に智弁学園は全国制覇を成し遂げている。

今年の春も甲子園に出場することは出来たが、盛岡大付に負けることとなり史上3校目となる連覇の夢は阻まれることになった。

 

スポンサードリンク
 




球種や球速は?

球種はストレート・スライダー・カーブ・フォークの4球種。

ストレートの最速は146キロと曲がる、落ちるボールを投げ分けて早いストレートが来ると打者はそう簡単には打てない。

 

さすが、ドラフト候補に挙がっているだけあって実力は相当あることが分かる。

 

緩急のあるカーブを投げられた後に、146キロのストレートを投げ込まれると人間の目で処理するには相当困難である。

しかも、フォークも投げられると言うこともありこれは中々打てないと思う。

 

最後に

まだ奈良県の県予選が始まっていないので、どこが甲子園に出場するか決まっていないが、智弁学園は昨年と同様に全国制覇を狙ってくるだろう。

奈良県も相当レベルが高いので簡単には甲子園に出場できる訳ではないが、甲子園での活躍を見たいと思っている。

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください