レアードがロッテへ移籍した理由は?年俸や金額についても!

たいが
たいが
日本ハムファイターズで助っ人外国人として活躍していたブランドン・レアード選手が4年在籍していた日本ハムファイターズから退団したんだ・・・

結構人気のある選手だったと聞いているので、何故移籍したのか気になったので、調べてみたわ!
まみ
まみ

レアードがロッテへ移籍した理由は?

 

レアード選手が日本ハムファイターズを退団したのは、2018年のオフシーズンになる。

たいが
たいが
退団の理由としては、2018年12月に日本ハムファイターズから自由契約となっていたんだ!

自由契約になっていた理由としては、やはり成績不振が大きな要因となっている。

やはり実力が全てのプロ野球の世界で成績が残せないと問答無用でクビになる世界だ。

やはり実力主義の世界なので成績が残せないとすぐにクビになってしまうんですね・・・
まみ
まみ

2016年には日本ハムファイターズをリーグ優勝と日本一になった経験もあったが、成績はその年しか見てくれないので過去にどれだけ成績を残していても毎年成績を残せないといけないといけないんだ。

 

加えて助っ人外国人を獲得したことにより、球団側との年俸の交渉が折り合わなかったとスポーツ新聞が報じている。

たいが
たいが
1軍に登録出来る外国人選手は、4人までと決まっておりレアード選手が弾かれた形になった。
そういう流れがあったんですね・・・
まみ
まみ

スポンサードリンク




レアード選手が退団によるファンの反応

 

では、レアード選手が日本ハムファイターズから退団が決まった際のファンの反応をツイッターから紹介していこうと思う!

 

多くのファンの声を見ましたけど、退団を惜しむ声が多かったわ。
まみ
まみ

たいが
たいが
どれだけレアード選手がファンから愛されていたのかよく分かるよな!

 

2019年現在は、レアード選手はロッテに移籍している。

日本ハムとは同じパリーグなので敵として戦うことになるが、ファンからしたらアメリカに帰国してプレーされるよりも日本でプレーしてくれた方が嬉しいと思う。

 

スポンサードリンク




年俸や金額についても!

 

2015年 日本ハムファイターズ 6000万円

2016年 日本ハムファイターズ 1億円

2017年 日本ハムファイターズ 2億5000万

2018年 日本ハムファイターズ 3億円

2018年 千葉ロッテマリーンズ 1億1880万

 

まだ日本に来て5年目となるが、かなりの年俸を貰っていることが分かった。

ピークは2018年の日本ハムで3億円の年俸を貰っているが、年間の打率は0.233とかなりしぶい内容となっている。

 

2019年6月13日時点では、ホームラン数がパ・リーグで2位に付けておりチームに大きく貢献していることが分かる。

 

この調子でいけば2020年の年俸は2019年よりも貰えるだろうしこのままの調子で頑張って欲しいと思う!

 

レアード選手はまだ31歳ととても若い選手であるので、更なる活躍が期待出来る選手だと思う。

 

まとめ

  • レアードがロッテへ移籍した理由は、成績不振と助っ人外国人が複数在籍していたことにより自由契約となってしまったため。
  • プロ野球での年俸推移に関しては、上の数字を見て確認して欲しいと思う。

 

スポンサードリンク




注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください