櫻井周斗(日大三高)のドラフトは何位指名?高校時代の成績から進路予想!

どうも管理人のたいがだ。

今日の記事は、日大三高の櫻井周斗選手について記事を書いていこうと思っている。

 

日大三高と言えば、甲子園常連校で知られており部員数も相当数いることで知られている。

レギュラーになることすら大変な状況であるが、強豪校ならではの悩みではないだろうか。

 

櫻井周斗選手は、ドラフト候補に挙がっている選手であり一体どんな選手なのか紹介していこうと思っている。

スポンサードリンク

櫻井周斗のプロフィールは?

 

名前    櫻井周斗(さくらい しゅうと)

出身地   埼玉県所沢市

体重    78kg

身長    177cm

ポジション 投手

投打    左投げ左打ち

 

野球を始めたのは小学校1年生の時になる。

牛沼小学校に通いながら野球をしていたそうだ。

何と小学校6年時にはヤクルトJr.チーム入りすることが出来たそうだ。

小学校卒業後は、地元の中学校である所沢東中学校に通いながら新座シニアに所属していたそうだ。

 

ヤクルトJr.と言えば、入団するのも一苦労であり書類審査があってからの実力審査もあり入るだけでも相当実力がないと無理である。

野球を始めたのが早いこともあるが相当努力を積んできたことが分かるな。

高校進学までは地元の埼玉県で野球に励んでいたが、高校を進学を機に東京に来たことが分かる。

では、一体どんな高校生活を送って来たのか紹介していこうと思う。

スポンサードリンク



 

高校時代の成績から進路予想!

では、日大三高時代についての成績や実績を書いていく!

プロに行くか大学へ行くかも併せて予想しようと思う!

 

新チーム発足した1年秋から6番ライトでレギュラーを獲得

2年の夏に開催された甲子園出場を決める予選では、5戦中2戦に先発として出場することになる。

準決勝では、自身最速となる143キロを記録する

2年時の秋には背番号8で出場して投手兼センターとしてチームに貢献しており東京都大会で準優勝を記録することに。

 

決勝戦は、早稲田実業との対戦であったが6対8の逆転サヨナラで負けてしまうことに。

その試合で自己最速の144キロを計測する。

 

高校生最後の夏となった2017年夏では、準々決勝で東海大菅生に敗退してしまい念願の甲子園出場は果たすことは出来なかった。

 

念願だった甲子園に出場出来なかった悔しさが大きければそのままプロになることも考えられるが、個人的な感想としてはすぐにプロに行って欲しいと思う。

プロは大学の施設とは違うし指導者もしっかりしていると思う

 

せっかくの才能を大学で4年費やすのはもったいないと思ってしまう。

 

なので、進路予想と言うよりは希望になってしまうがプロに行って欲しいのが本音である。

スポンサードリンク



 

ドラフトは何位指名?

各球団のスカウトがこぞってスライダや打者としてかなり評価が高いことが分かる。

また、ストレートも140キロ台を投げることが出来るのも評価されていることから考えてもドラフト2以内も考えられるだろう。

 

投手でキレのあるスライダーやストレートを投げることも出来るし、打者としても活躍が期待出来る。

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください