本田仁海(星槎国際湘南高)の中学時代の成績を紹介!高校の実績も!

どうも管理人のたいがだ。

 

これまで色んな選手について記事を書いて来たが、まだまだ書きたい選手が山の様にいるんだよな(笑)

 

しかも、書いて来たのがまだ投手だけなのでこれから野手や大学生や社会人のドラフト候補の選手もいるので俺が書いてきたことなんてほんの一部にしか過ぎない!

 

まぁー俺も仕事をしながら書いているので中々更新ペースは遅いかもしれないが、読んでくれる人が一人でもいる限り記事を更新していこうと思っている。

 

今回の記事は、本田仁海投手について記事を書いていくぞ!

スポンサードリンク

本田仁海のプロフィールは?


 

名前    本田 仁海(ほんだひとみ)

出身地   神奈川県横浜市出身

体重    75kg

身長    181cm

ポジション 投手

投打    右投げ左打ち

 

野球を始めたのは、小学校3年生の時になる。

 

地元の小学校である北大和小学校に通いながら、軟式野球を始める。

 

そして、小学校卒業後はつきみ野中学校に進学することになりそこでも軟式野球部に所属して日々練習を励んでいた。

 

これは、個人的な感想になるがドラフト候補に挙がる選手はほとんど小学校か中学校で硬式ボールになれるために、ジュニアかシニアに所属していることが多いが本田選手は一貫して軟式ボールでの練習をしていたことになる。

 

小学校や中学校の部活では軟式ボールを使うことが義務付けられているが、高校野球は硬式ボールになる。

 

軟式ボールと硬式ボールは、ボールの弾み方が全く違うのでボールの処理方法も違ってくる。なので、高校野球で活躍したいと思う選手は、高校に入る前からその硬式ボールに慣れるために、学校の部活に所属せず外部のクラブに所属して硬式ボールでの練習をすることが多い。

 

しかし、本田仁海選手はずっと軟式ボールで練習してきたと言う記事を見てびっくりしている!

 

中学校卒業後は、星槎国際湘南高校に進学することになる。

 

高校時代の実績については、下のテーマで詳しく書いていこうと思う!

 

その前に、中学時代の成績を紹介だ!

スポンサードリンク



 

中学時代の成績を紹介!

本田仁海でヤフーを検索を掛けると、サジェストキーワードで中学時代と表示される。サジェストキーワードが表示されると言うことは多くの人が検索していることになるが、一体どんな成績を残していたのか調べた結果を書いていこうと思う。

 

調べた結果なんだが、つきみ野中学校時代は本当に無名の選手であり全く情報が無かった・・・

 

進路に関して星槎国際湘南高の土屋恵三郎監督だけが、本田投手に声を掛けることになり星槎国際湘南高校に進学することになる。

 

星槎国際湘南高校は通信制の高校であり、野球部が創立してまだ7年だ。

 

勿論、野球部専用グランドなどある訳がない。

 

他の部活と一緒にグランドを分け合って練習することになる。

 土屋監督は、神奈川県内では名将と呼ばれており桐蔭学園の監督時代は甲子園に10回も出場させる等、指導者として最高の人物に声を掛けて貰い星槎国際湘南高に進学を決めることになる。

 

やはり名将と言ったところだろうか、何か光るものを感じたのではないかと思う。

 

中学時代は、無名の選手をドラフト候補に伸し上げることが出来たのは土屋監督が居たからではないかな。

 

それ以上に本人が努力した結果でもあるんだが。

 

では、次に高校時代の実績について記事を書いていくぞ!

スポンサードリンク



高校の実績は?

星槎国際湘南高校進学と同時にベンチ入りを果たす。

 

2年時の夏に開催された神奈川県大会では、野球部創立後初の4回戦進出

 

全4試合(先発3)に登板し、32.1回2四死球、3完投勝利、防御率1.67を記録。

 

2年秋の大会では、全五試合に先発出場の完投を見せ、26回連続で無失点、51回57奪三振の力投を見せて、強豪ひしめく神奈川県で初のベスト8入りを果たす。

 

3年の春の予選では、初のベスト4進出と着実に力を付けて来たことが分かる。

 

同大会で、対戦した慶応戦でストレート146キロを計測。

 

11奪三振を奪い、12球団のスカウトから高い評価を受けることになる。

 

高校時代最後の大会となった2017年の夏の神奈川県大会では、5回戦で日大高校に敗退して高校野球に幕を閉じることに。

 

この最後の大会では、25.1回を投げて、被安打15、奪三振23、四球3、失点6と言う

 

素晴らしい結果を残していた。

 

まとめ

創部後、初の甲子園出場を果たすことは叶わなかったが中学時代は無名の選手が素晴らしい指導者に会うことによりここまで成長できたことは管理人の心に深く浸透してとても感動している。

 

神奈川と言えば、190校ある高校の中から甲子園に出場出来るのはたった一校のみなのでどれだけ狭き門なのか分かったと思う。

 

全国屈指の甲子園に出場するのは、厳しい地域となっている。

 

しかし、その強豪校に真正面から立ち向かおうとしてくじけずに毎日練習に励んできたことは一生の宝となるだろう。

 

2018年4月23日追記

星槎国際湘南高校始まって以来、初めてとなるプロ野球選手が登場することとなった。

 

2017年に開催されたドラフト会議で、オリックスバファローズから4位指名を受けて入団することとなった。

 

契約金4000万円と年俸500万円

 

とんでもない逆境を超えて、よくプロ野球選手になれたと思う。

 

まだ、2018年4月の時点では1軍での登板はまだない。

 

これからの活躍に期待したい!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください