本田仁海(星槎国際湘南高)はドラフトで指名は何位?希望球団も予想!

どうも管理人のたいがだ。

 

すっかりと秋の気配になって来たが、各チームは秋の大会へ向けて練習に励んでいるだろう。

 

夏が終わると3年生が引退するので、レギュラーがかなり入れ替わることになっているのでどの様に戦略を立てるのかとても難しくなっているのではないかな。

 

今回の記事は、星槎国際湘南高校に通う本田仁海投手について記事を書いていこうと思う。

 

また、別記事でも書いているので是非見ていって欲しい。

 

【関連記事】

本田仁海(星槎国際湘南高)の中学時代の成績を紹介!高校の実績も!

スポンサードリンク

本田仁海のプロフィールは?

 

名前    本田 仁海(ほんだひとみ)

出身地   神奈川県横浜市出身

体重    75kg

身長    181cm

ポジション 投手

投打    右投げ左打ち

 

プロフィールを見ると生まれは横浜と言うだけあって都会っ子だと言うのが分かるな。

 

出身はどこですかと聞かれ、横浜ですと答えたくなる(笑)

 

冗談は置いといて、身長が181cmもあるのは投手としてとてもメリットになるな!

 

体重もしっかりと付いているので、筋力もかなり鍛えていることが分かる。

 

投手で右投げではあるが、打者の時は左打ちなんだと思った。

 

では、野球を始めた経過を書いていこうと思う。

 

野球を始めたのは、小学校3年生の時になる。

北大和小学校に通いながら、軟式野球を始める。

 

一体どんなきっかけで野球を始めたのかは、不明であるが親が野球を好きで始めたにしては遅いと思うので、自信が野球をしたいと思って始めたのではないかと予想する。

 

そして、そのまま地元の中学校に進学することになるが中学校の野球部に所属して練習に励むことになる。

 

中学生時代は、本当に無名の選手であったそうで野球の強豪校のどこからも声が掛からなかったそうだが、星槎国際湘南高校の土屋監督から一緒に野球をしないかと声を掛けられたそうだ。

 

神奈川の強豪校である桐蔭学園で監督をしていた経験もあり甲子園には10回も出場させている名将から直々に声が掛かったことで甲子園を目指そうと決意して入学を決めたそうだ。

 

本当に映画の様な話であるが、事実である(笑)

 

中学時代に無名な選手であったことは間違いないが、土屋監督から見て何か光る物を感じたのではないかと推測する。

 

後ほど、高校時代の実績を紹介していくが本当に素晴らしい結果を残していることが分かるだろう。

 

それでは、テーマのドラフト何位指名か予想するので高校時代の成績について紹介していこうと思う。

スポンサードリンク



ドラフトで指名は何位?

ドラフト指名の重要な部分として高校時代の成績が肝になってくる。

 

なので、高校時代の成績について紹介していこうと思う。

 

星槎国際湘南高校進学と同時にベンチ入りとなる。

 

チームの投手としてこれから引っ張っていくことを決意したそうだ。

 

1年の成績を調べてみたが、無かったので2年からの成績になるが夏に開催された神奈川県大会では野球部創部後初めてとなる4回戦進出を果たすことになる。

 

全4試合(先発3)に登板し、32.1回2四死球、3完投勝利、防御率1.67を記録。

 

2年の秋季大会では、26回連続で無失点、51回57奪三振と言う素晴らしい結果を残して神奈川県でベスト8と言う快挙を達成する。

 

高校時代最後の大会となった2017年の夏の神奈川県大会では、5回戦で日大高校に敗退。

 

野球部初となる甲子園出場は果たすことが出来なかった・・・

 

神奈川県は全国屈指の強豪が集まるエリアであり、約190校ある高校の中から甲子園に出場が叶うのはたった一校のみ。

 

どれだけ狭き門なのか分かることが出来ただろうか。

 

野球部創立10年未満の高校がこの強豪ひしめく神奈川県内でベスト8と言う成績を残したと言うことは多いに評価されたであろう。

 

ドラフト指名の話に戻るが、俺がスカウトの立場だったら間違いなく一番に推す人物になるだろう。

 

しかし、俺はプロの関係者でもないのでドラフト会議での指名は何位になるのか予想して見るが各球団のスカウトの評価がとても高い。

 

スカウトのコメントから予想するとドラフト3位ではないかと予想する。

 

何故、1位や2位ではないかと言うとどの球団も清宮選手を1位で指名することを考えるとどうしてもこの順位になるのではないかと予想したんだ。

 

2018年4月23日追記

昨年にプロ野球のドラフト会議が行われた訳であるが、オリックスバファローズから4位指名を受けて契約金4000万円と年俸500万円で入団を果たしたんだ。

 

晴れてプロ野球選手になれて本当に良かったと思う

 

星槎国際湘南高校から初めてのプロ野球選手となったので、高校の歴史を残した選手の一人だ。

 

背番号は46を貰ったものの、2018年4月23日時点ではまだ1軍での登板はないようなのでこれからの活躍に期待したい

スポンサードリンク



希望球団は?

希望球団はもう書かなくてもいいかと思ったが、これはもう横浜ベイスターズ一択ではないかと思う。

 

生まれてからずっと横浜で生活していると言うこともあり地元に貢献したいと言う気持ちも人一倍ではないかな。

 

2018年4月23日追記

希望球団は、出身地から横浜かなと思ったがとりあえずプロ野球選手になれたことは相当素晴らしいことだ。

 

もし、地元で野球がしたいと思うようになればFA権を取得して横浜に入団することが出来ればプレー出来るので是非頑張って欲しいと思う

 

まとめ

本当に将来映画化か書籍化されそうなエピソードであったが、個人的にこの様な話は大好きである。

 

プロになったら是非とも応援したい選手の一人であるな!

 

【関連記事】

本田仁海(星槎国際湘南高)の中学時代の成績を紹介!高校の実績も!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください