石井涼(三浦学苑高)はドラフト何位指名?高校時代の実績から予想!

どうも管理人のたいがだ。

昨日は阪神の鳥谷選手が史上50人目の2000本安打を本拠地甲子園球場で達成したとニュースでやっていたな

ここで紹介している数多くの高校球児もいずれかは、プロで活躍して2000本安打を達成する様な偉大な選手になって欲しいと思う。

野球はアメリカで生まれたスポーツであるが、野球ランキングは2017年度はアメリカを抜いて1位になっている。アメリカは2位であるがやはりアメリカと言う強豪は大会をしても分かると思うが体格も違うしパワーも違う。

しかし、日本らしい野球をすれば勝つことはそこまで難しくないと思う。

2020年には東京オリンピックが開催され、野球が復活することになっている。

ここは、何が何でも金メダルしかないだろう!もしかしたら、ここで紹介した選手も将来オリンピックに出場しているかもしれないな!

【関連記事】

石井涼(三浦学苑高)の投手としての評価は?球速や球種についても紹介!

スポンサードリンク

石井涼のプロフィールは?

 

名前    石井 涼(いしい りょう)

出身地   神奈川県横浜市出身

体重    80kg

身長    188cm

ポジション 投手

投打    右投げ右打ち

 

野球を始めたのは、いつなのか調べてみたが詳しい時期は分からなかった。

中学校は地元の横浜市立飯島中学校に進学したそうだが、中学校の部活には所属せず横浜泉シニアに所属していたそうだ。

 

横浜泉シニアでは、チームのエースとして活躍をしており全国選抜野球大会に出場するなどとてもチームとしてレベルの高いチームに所属していたことになる。

恐らく中学校時代から注目されていた人物だったと思うが、恐らく多くの高校からスカウトがあったと思うな。

高校は、三浦学苑高校へ進学することになるが一体どんな成績を残してきたのか紹介していこうと思う!

スポンサードリンク



高校時代の実績は?

後からドラフト何位指名になるのか予想していくが、まずは高校時代の実績について内容をまとめていこうと思う。

ドラフト順位は高校時代の成績に大きく影響してくるので、どんな成績を残してきたのか紹介していこうと思う。

三浦学苑に入学後、1年時から控えとしてベンチ入りを果たす。

2年時の夏の予選2回戦で、2番手として登板することになり0.1回を投げて1奪三振2四球でデビュを飾る。

2年時の秋には、野球部創部後初となる神奈川県ベスト16入りを果たすことになる。

3年の春には4回戦まで進出することにはなるが、強豪慶應義塾高校と対決することになるが、1対2で惜しくも敗退してしまうことになる。

 

そして、高校時代最後の夏となった2017年夏の予選ではベスト16で敗退となった。奇しくも敗退した相手が春に対戦して負けてしまった慶應義塾高校であった。

 

やはり同じ相手に当たった時は、是が非でも勝ちたいと思う気持ちがあったと思うが気持ちだけで勝てる相手でもなく敗退してしまった・・・

高校時代の実績については、野球部創部後初となるベスト16入りを果たせたという実績はとてつもなく大きいことではないかと思う。

では、上で書いた実績を元にドラフトは何位指名になるのか予想していこうと思う。

スポンサードリンク



ドラフトは何位指名?

上で書いた実績を元にドラフトでは何位指名になるのか予想していこうと思うが、個人的にはそこまで上位に行かないのではないかと思う。

良くても3位以下ではないかと思う。

石井涼投手じゃないと駄目なんだと言うメリットが正直見当たらなかった

どの球団も即戦力が欲しいと思うが、すぐにプロで活躍するには時間が掛かりそうだと言うのが本音である。

これはあくまで個人的な意見なので、大いに予想を裏切って活躍して欲しいと思う。

【関連記事】

石井涼(三浦学苑高)の投手としての評価は?球速や球種についても紹介!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください