金久保優斗(東海大市原望洋高)の少年野球チームはどこ?過去の所属を調査!

どうも管理人のたいがだ。

各地で秋季大会が開催されているが、野球の強豪校で知られている横浜高校が何とコールド負けと言う前代未聞の状態となっている。

過去には松坂大輔投手を輩出して甲子園では春夏連覇を経験している高校だけに、何があったのかと思う。

野球に絶対はないがここまでの番狂わせは誰も予想しなかっただろう。

勿論、来年の春の選抜は絶望になっているのでどこの高校が出場するのかとても楽しみではあるな。

今回の記事は、金久保優斗投手について記事を書いていこうと思っている。

別記事でも紹介しているのでそちらも見ていって欲しい!

【関連記事】

金久保優斗(東海大市原望洋高)の進路は?高校時代の実績から予想!

金久保優斗(東海大市原望洋高)の母親や彼女について紹介!

スポンサードリンク

金久保優斗のプロフィールは?

名前     金久保 優斗(かなくぼ ゆうと) 

出身地    千葉県八千代市 

体重     74kg 

身長     180cm

ポジション  投手

投打     右投げ左打ち

 

写真を見るととても爽やかな野球少年であることが分かるな。

しかも、身長が180cmととても高いことが分かる。

これだけ身長も高くてイケメンと言うことは相当モテそうだよな!

しかも、体重もしっかりとあるので筋力もあることが分かる。

では、タイトルに戻るが小学生時代に所属していた少年野球チームについて紹介していこうと思う。

スポンサードリンク



少年野球チームはどこ?

小学校時代に所属していたチーム名は、「北東タイガース」と言うチームになる。

北東タイガースと言うチームは、千葉県八千代市にあるチームになる。

金久保選手は小学校時代にこのチームに所属していたことになる。

当時はどこを守っていたのか不明であるが、高校1年の時にセカンドでベンチ入りをしているので、投手またはセカンドを守っていたのではないかと推測する。

続いて中学時代に所属していたチームを紹介していこうと思う

スポンサードリンク



中学時代のチームは?

小学校を卒業後は、八千代市立八千代台西中学校に進学することになるが、中学校の部活には所属せず「佐倉シニア」と言うクラブに所属することになる。

シニアチームに所属していたと言うことは、中学時代から硬式ボールで練習していたことになる。

佐倉シニアは、平成4年11月に部員13名で設立となる。

平成7年には全国大会に出場するなど、徐々に強豪チームになっていく。

平成9年には春季千葉県大会で優勝を経験し、同年8月には千葉県大会で準優勝を経験する。

翌年以降は、数多くの優勝や準優勝を経験しており地元でも有名なシニアクラブとなった。

やはりこれだけ強いチームに所属していたと言うこともありいい刺激になったのではないかと思う。

【関連記事】

金久保優斗(東海大市原望洋高)の進路は?高校時代の実績から予想!

金久保優斗(東海大市原望洋高)の母親や彼女について紹介!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください