清水達也(花咲徳栄)の投球フォームは?投手としての評価も紹介!

どうも管理人のたいがだ。

早いものでもう9月が終わりかけている。

2017年ももう終わりに近づいていると言うことになるな。

プロ野球もそろそろシーズンが終わり、クライマックスシリーズからの日本シリーズで野球のシーズンが完全に終了となってしまう。

 

野球好きのファンなら、ちょっと寂しい季節にはなるよな。

 

では、今回の記事は花咲徳栄高校の清水達也投手について記事を書いていこうと思っている。

別記事でも紹介しているので、そちらも併せて見ていって欲しい!

【関連記事】

清水達也(花咲徳栄)の球種や球速は?高校時代の成績も紹介!

清水達也(花咲徳栄)の進路はどうなる?ドラフト会議何位指名か予想!

スポンサードリンク

清水達也のプロフィールは?

 

名前    清水 達也(しみず たつや)

出身地   埼玉県深谷市出身

体重    80kg

身長    178cm

ポジション 投手

投打    右投げ右打ち

 

野球を始めたのは、藤沢小学校1年生の時になる。

どこの少年クラブに所属しているのかは、不明であった。

そして、藤沢中学校に進学しては軟式野球部に所属していたそうだ。

 

高校野球で活躍する多くの選手は、中学時代は硬式ボールで練習していることが多いが、肘への負担を考えて軟式野球に転向したのではと推測する。

 

中学校3年生の時には、「埼玉スーパースターズ」としてエースとして出場して全国ベスト8と素晴らしい実績を残している。

 

後に、甲子園で優勝することになる投手に成長するんだがやはり実績を残していると言うことは小さい頃から尋常じゃない努力を重ねて来た結果なんだと思う。

 

そして、花咲徳栄高校に進学することになる。

1年の夏から控え投手として、ベンチ入りを果たしている。

2年生の春には、チームが春の選抜に出場するも登板の機会はなくチームは一回戦敗退で甲子園を去ることになる。

その後、開催された関東大会準々決勝で完投勝利を果たすことになる。

 

初の全国大会の出場は、2年の夏に甲子園で対戦した作新学園と対戦して2-6で敗退したものの、自己最速となる143キロを計測することになる。

 

新チームが発足した2年の秋にはチームのエースとして選ばれることになるが、関東大会で慶應義塾高校にコールド負けしてしまい1回戦敗退となってしまう。

3年生の春にはエースの座を奪われることになり、関東大会1回戦で自己最速となる148キロをマークすることに。

 

しかし、3年の最後の夏となった時にはチームのエースとして戻ってくることになり埼玉県大会を3年連続で優勝して甲子園の切符を手に入れることになる。

 

甲子園全6試合に出場して抑えとして登板。花咲徳栄高校としてもそうだが、埼玉県勢としても初の全国制覇を果たすことになる。

 

埼玉県と言えば、浦和学院など野球が強い高校が多くあるので埼玉県勢が優勝をしたことがないと言うのはかなり意外だった。

 

では、タイトルの内容に戻るが清水達也投手の投球フォームについて記事を書いていくぞ!

スポンサードリンク



 

 清水達也の投球フォームは?

では、清水投手の投球フォームについて書いていこうと思う。

投球フォームは、アーム式のテークバックと言うフォームになっている。

このフォームは、腕の振りが重要となり全身が連動した投球フォームになる

かなり独特のフォームであるとは言えるが、花咲徳栄高校がこの投球フォームを修正せずに個性を伸ばした結果が甲子園優勝投手と言う偉業を達成したのかもしれない。

 

では、最後にプロのスカウトから見た清水達也投手の評価について記事を書いていこうと思う。

スポンサードリンク



 

投手としての評価も紹介!

では、プロのスカウトのコメントを抜粋して紹介していくぞ!

3年の春から夏に掛けてかなり成長した。

2年の冬に相当鍛えて来た、成果が分かる位に成長が見える。

力強いストレートを武器にして、フォークも角度があっていい。

 

制球力がとてもいいので、先発、抑えどちらでも活躍が期待できる。

 

色んな球団のスカウトのコメントを見たが、ストレートとフォークを評価しているコメントが多数あった。

また、制球力は高校生トップクラスと評価する球団もありこれはドラフト会議がどうなるかとても楽しみなところである!

 

【関連記事】

清水達也(花咲徳栄)の球種や球速は?高校時代の成績も紹介!

清水達也(花咲徳栄)の進路はどうなる?ドラフト会議何位指名か予想!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください