丸山和郁(前橋育英高)の出身中学校はどこ?中学時代の成績も紹介!

どうも管理人のたいがだ。

プロ野球のセ・リーグはクライマックスシリーズ出場を掛けてかなり面白い試合を毎日繰り広げているな。

クライマックスシリーズが出来てからずっと出場を逃したことがない巨人は出ることが出来るのか結果が楽しみであるな。

 

今回の記事は、前橋育英高校3年生の丸山和郁投手について記事を書いていこうと思っている。

別記事でも紹介しているので、是非見ていって欲しいと思う。

では、初めにプロフィールから紹介していこう!

 

 

スポンサードリンク




 

丸山和郁のプロフィールは?

 

 

名前    丸山 和郁(まるやま かずや)

出身地   群馬県高崎市出身

体重    69kg

身長    170cm

ポジション 投手

投打    左投げ左打ち

 

やはり投手と言うのは野球の要であるので、人気のあるポジションではないかと思う。

しかし、自分の投げる球によってチームの勝敗を大きく左右するので尋常じゃないプレッシャーがあると思う。

 

プロフィールを見てみると、サウスポーと言うことが分かる。

人間は、右利きがほとんどであるため左利きの投手はかなり重宝される。

右利きで生まれた人間が、利き手とは逆の左手で投げることはかなり訓練しないと投げることは出来ない。

なので、必然的に左投げの投手が少なくなるためチームとしてはどうしても欲しい人物になる。

 

野球を始めたのは、小学校1年生の時になる。当時から投手をしていたのかは不明であったが野球を始めるのはとても早かったことが分かる。

 

では、タイトルの出身中学校はどこ?について記事を書いていこう!

 

 

スポンサードリンク




 





出身中学校はどこ?

出身中学校は、高崎市立倉渕中学校になる。

シニアクラブに入らず、中学校の野球部に所属していたそうだ。

高校からは、ボールが硬式ボールになるので中学時代から硬式ボールで練習が出来るシニアクラブに入る人もいる中、丸山投手は軟式野球を選択したみたいだな。

 

しかも、中学時代は投手、捕手、ショートの守備をしていたそうだ。

守備位置が違うだけで体の動かし方も違うし、打球が飛んで来る角度も違ってくる。

それを、中学時代から3つのポジションをこなしていたと言うことはとんでもない野球センスを感じる。

では、中学校時代の実績について調べてみたので次のテーマで書いていこうと思う。

 

 

スポンサードリンク




 





中学時代の成績も紹介!

 

紹介しようと思ったが、全然情報が無かった・・・

中学校のHPも見たんだが全く情報が載っていない・・・

さすがに中学校時代の実績は厳しかったな・・・

 

【まとめ】

  • 出身中学校は、高崎市立倉渕中学校。
  • 中学時代の成績は不明であった。

 

スポンサードリンク




 

 

【関連記事】

丸山和郁(前橋育英高)の進路はどうなる?高校時代の実績から予想!

丸山和郁(前橋育英高)がイケメンってマジ?彼女の存在も調査!

丸山和郁(前橋育英高)のドラフトは何位指名?希望球団を予想!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください