尾形崇斗(学法石川)の球種や球速は?スカウト評価も併せて紹介!

どうも管理人のたいがだ。

今日とんでもないことが起きてしまった。

巨人の盗塁王であった藤村大介内野手が巨人から戦力外通告を受けたと言うニュースになる。

 

やはりプロと言う世界は本当に厳しいことを分からせてくれるよな・・・

 

また、別記事で紹介していこうと思っている。

 

今回の記事は、石川高校3年生の尾形崇斗投手について記事を書いていこうと思っている。

今回の記事は、球種や球速についてとスカウトの評価について記事を書いていこうと思っている。

 

では、初めにプロフィールから紹介していこうと思う。

【関連記事】

尾形崇斗(学法石川)はドラフト何位指名か予想!高校時代の実績から!

スポンサードリンク

尾形崇斗のプロフィールを紹介

 

名前    尾形 崇斗(おがた しゅうと)

出身地   宮城県富谷市

体重    88kg

身長    181cm

ポジション 投手

投打    右投げ左打ち

 

まずは、プロフィールから紹介してみたがかなり恵まれた体型をしていることが分かるな。

身長も181cmあると言うことは投手としてもかなり評価が高いだろう。

 

体重も88キロあるのでかなり筋力もしっかりと付いていることが分かる。

 

出身地は、宮城県だが現在通っている学校法人石川高校は福島県にある高校になるがわざわざ県外の高校に通っていると言うことは、スカウトがあったのではないかと推測する。

 

やはり投手と聞いて一番気になるのは、球速はどうなのかや球種は何を投げれるのかではないかと思う。

 

では、球種や球速について紹介していこうと思っている。

スポンサードリンク



球種や球速は?

球速は、3年生の7月に開催された練習試合で自己最速となる150キロをマークしている。

平均的に140キロ台を投げ込むことが出来る、安定感のある投手と言えるだろう。

 

続いて、球種になるが投げれる球種は4つになる。

スライダー、カーブ、カットボール、フォークを投げることが出来る。

自信のあるストレート及び縦横に曲がる変化球を投げることが出来るのは、プロのスカウトも一目置いている選手の一人ではないかと思う。

 

速球派投手はストレートを磨くが故に変化球は投げれても2つか3つなのが多いが、尾形投手は4つも変化球を投げることは出来るのは高校時代にかなり自分を追い込んできた結果が花開いたと言うことだろう。

 

では、プロのスカウトはどの様な評価をしているのか紹介していこうと思う。

スポンサードリンク



スカウト評価は?

・春先に比べ投球フォームが良くなっていた。これから投げ込めばもっとよくなる

・初戦ということもあり丁寧に投げている感じ。これからでしょう

・丁寧に打ち取っていた。こういう投球もできるんだと思った

 

上記コメントがプロのスカウトのコメントになるが、可もなく不可もないコメントであった。

 

即戦力と言うよりは、じっくり成長を見てみたいと言うコメントに取れる。

 

高校時代の実績を見る限り、かなり実績のある投手だと思うがプロで即戦力になる様なコメントが無かったのがかなり意外だった。

 

恐らく、プロ入りするとは思うがどんな選手になっていくのかとても楽しみであるな。

 

【関連記事】

尾形崇斗(学法石川)はドラフト何位指名か予想!高校時代の実績から!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください